30歳で新入社員、そして初めての一人暮らし

30歳を節目にフリーターを辞め、同じ職種の正社員になりました。
実家から通える範囲でのアルバイトでしたが、職場からのアクセスの利便性や、将来性、家を出たいという気持ちが高まり引っ越しを決意し、さらに親友から駐車場も周辺の月極に比べ格安で貸してくれるということもあり、一石二鳥!と思いましたが、そこから近い周辺の物件を探すのに苦労しました。
ある程度距離があってもいいという気持ちで探していたのですが、まったく見つからず。ネットで見つけた情報と実際の不動産物件情報とは異なり、ネットで申請する頃には既にその物件は人が住んでる、もしくはこれから住む予定という現実でした。
それでも私は諦めず不動産屋で探し続け諦めかけた時、駐車場から近くて希望に沿った物件を発見したと連絡があり急いで向かいました。
そして実際にその物件へ一緒に向かいどのような場所にありどんなお宅かを確認しにいったのですが、まだそこの家には人が住んでおり中を見ることはできませんでしたが、 間取りや内容に関してはネットに掲載されている写真があったので、すぐその物件を契約したのですが、見に行っている最中に他の方が申請を出したそうで、その方がキャンセルしない限りは無理だと言われました。
けど私は最後まで諦めずキャンセルすることを信じ2番手として、書類を書き揃えました。
翌日、不動産屋から電話がありキャンセルの連絡が入ったからすぐに来て欲しい。という内容でした。
私は凄く嬉しくなり、最後まで諦めなくてよかったと心の底から感動しました。
数日後、カギを受け取りこれから自分の住む家へ入りました。
ロフトとネットで見た画像通りの間取りで特に問題もなく、両親に引っ越しを手伝って貰いました。

あれから2年経ちましたが、今でも私はその部屋に住んでいまして、駐車場を貸してくれた親友と毎日のようにワイワイ楽しく暮らしています。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ

    光ファイバー